amamijapan

「生命光線」と呼ばれるテラヘルツ波は、人間を含めた自然界のあらゆる物質が放射・吸収している電磁波のことをいいます。テラヘルツ波は、遠赤外線域(可視光線域)と電波(不可視光線域)の中間に位置し、粒子性と波動性の2つの性質を持ち合わせます。このことが物質や生命、人体に大きな影響を与える原因だと考えられています。また、テラヘルツ波は水に吸収されやすい性質のため、60%以上が水分でできている人体は、その恩恵を受けやすい環境といえます。何とテラヘルツ波は1秒に1兆(テラ)回も振動し、物性を瞬時に改善したり、活性化させる力を持ちます。振動数が100GHz~10THzの範囲のテラヘルツ波は細胞を構成するたんぱく質・炭水化物・脂質・酵素・ビタミン・アミノ酸・DNAの結晶格子に共振し、欠損・歪み・切断を修復し、本来の働きを回復させます。このようにテラヘルツ波により、免疫力(自然治癒力)を飛躍的に向上させることができます。

「キミオライト」のテラヘルツ波放射率は95%以上と、他に類をみません。実際にテラヘルツの測定を行った、社団法人日本テラヘルツ協会が「キミオライト」のテラヘルツ波を放射測定器で測ったところ、メーターが振り切れてしまい、計測することができませんでした。テラ・クィーンは、このキミオライトのセラミックスを利用し、さらにテラヘルツ協会によるテラヘルツ照射を経て、驚きのパワーを実現しています!